きょうは どくしょかんそうぶん。(魔女の大暗号)




『魔女の大暗号』
、読了しました。

感想ですか?


 「暗号で手紙を書きたくなった!」



さて、ここからは若干のネタバレを含んだり含まなかったりしますよー。



でもその前に、私の読書遍歴でも言っておこうと思います。
このブログでは本の話、したことなかったしね。

・基本的に活字は好きです。
・スーパーのチラシから広辞苑まで。
・集中して読んでると名前呼ばれてもマジで聞こえてない。
・でも読みまくる時期と全く読まない時期が極端。
・サバンナの雨期と乾期くらい極端。

・『あしながおじさん』は中村佐喜子訳派。
・『スカイ・クロラ』シリーズを読んで一人称が「僕」になった。
・『いま、会いにゆきます』の単行本を貸したら返ってこなかったので文庫を買った。
・『ナルニア国』シリーズラストの感想は「えええーーー」。
・いっときシェイクスピアを片っ端から読んだけどもうあまり覚えてない。

・ある年の読書目標は『失楽園』(ミルトン)と『ベルサイユのばら』(池田理代子)。
・聖書は、新約は通しで読んだけど旧約はつまみぐい程度。
・図書館では380番周辺によく出没します。


こんな感じです。嗜好の似た方がいらっしゃれば(いるかなあ)、参考になればさいわいです。



ところで私、4月のはじめから『我輩は猫である』を図書館で借りてたのですが、貸し出し2週間延長したにもかかわらず、序盤のお雑煮ダンスまでしか進めませんでした。。

しかし『魔女の大暗号』は、昨日から読み始めてもう読了。我ながら驚き。
硬派な内容と聞いていたのでちょっと構えてましたが、ぺろりと読めましたよ。

いろいろな暗号が出てきて、そりゃ暗号ですから説明はちょいと複雑ですが(簡単な暗号は暗号とは呼べないよねー)、暗号を解くときはちゃんと順を追って、ときには図入りで説明してくれるので大丈夫。



もちろん私は表紙を描かせていただいたわけで、んーまぁ関係者といえば関係者ですが、でも本当に発売するまで「暗号が出てくる」「イメージ国はどこそこ」くらいしか知らなかったので、ほぼまっさらな状態でわくわくと読ませていただきました。

数々の思惑が渦巻くシャリエッテ帝国。
裏切り者は誰なのか?
鬼助がブラックチェンバーに派遣された理由とは?

そんな、あちこちのミスリードにことごとく引っかかる、優秀な読者でした、はい。

いま2周目をつまんでいるところですが、あちこちに伏線が! 全く気づかなかった伏線が!! あ〜このときの顔は〜的な!!!



登場人物では、メイドさんが好きです!
自分がお茶を淹れたいときに淹れて、勝手に人のコップに注いでくれる、すてきフリーダムなメイドさん!(今日の日記最大のネタバレ。物語の本筋とは関係ないので大丈夫かとは思いますがもしマズかったら言ってください)



続編、スピンオフをこっそりひっそり勝手に期待しております♪
あ、あと、あとがきで『早起き姫』にも触れてくださいました〜ありがとうございます。

せっかくなので、ひさしぶりに貼っておこう。ぺた。
『早起き姫』(Kindle版電子書籍)
『早起き姫』




 



テーマ:★店長ブログ★ - ジャンル:ブログ

2017.04.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 受注

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

くらげ(hnrfxm)

Author:くらげ(hnrfxm)
 
 くらげデザイン事務所
 しょちょー。
  →くらげデザイン事務所


これまでのおしごと:
・スマホアプリUIデザイン
・キャラクターデザイン
・ウェルカムボード作成
・オリジナル雑貨づくり
        etc...

LINEスタンプ

0910.jpg
くらげDAYS


LINEストアにて販売中!

電子書籍発売中!


『早起き姫』(Kindle版電子書籍)
早起き姫(Kindle版)


 どこかで間違った
 運命の歯車。
 早起きしてしまった
 眠り姫。

 まだ見ぬ運命の相手に
 会うため、姫は……
 ガーデニングを始めた。
 →内容紹介

てづくり雑貨








くらげや妖精のポストカード、ストラップ、左利きさん用扇子など置かせていただいてます。

お問い合わせ

お名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索


QRコード

QR